VTuber人気が加速中!特徴やメリット・今後の活躍について考察

VTuberことバーチャルYouTuberの人気はうなぎ上りで、年々人数も増えています。

キャラクターが滑らかな動きをして、面白さも抜群です。

そんなVTuberの基本や仕組み、メリットなど基本をおさらいしてみましょう。

VTuberの特徴

YouTube上でライブ配信をしたり動画投稿をしているのがYouTuberで、人がその姿でやっているのが特徴です。

その点、VTuberは独自の2Dや3Dのキャラクターを用いて、YouTuberと同じようなことをやっています。

つまり、人ではなくキャラクターが前面に出ていますから、バーチャルなYouTuberです。

音声に合わせてキャラクターが口を動かしたり動作したりなど、本物の人間に似た動きをするのが特徴的でおすすめな点です。

参考:「たいぶろ」https://taiblo.jp/

個人で活動している人も多い

VTuberをやるには色んな技術が必要だと思われがちですが、今はソフトなども充実しています。

初心者でも敷居が低いですから、企業などの団体だけがやっているわけではなく、むしろ個人で活動している人の方が多いくらいです。

キャラクターのかわいらしさやインパクトも重要ですが、YouTuberと同じようにしゃべりなアイデア、動画の編集能力なども重要な要素です。

ニーズに基づいた動画やライブ配信を提供できる個人が増えていますし、お金をそれほどかけずに初心者が入りやすいというメリットもあります。

YouTuberのように顔をさらす必要がありませんから、動画などに興味があるけれど身バレしたくないという人からも選ばれています。

VTuberに必要な技術や仕組み

VTuberはどんな技術が使われていたり、どんな仕組みで動いているのか興味を持っている人も多いです。

映画などでも使われているモーションキャプチャーという技術が多く利用されています。

モーションキャプチャーの働きで、キャラクターが自分の動きに合わせてスムーズに動いてくれます。

顔の細かな表情やまばたきなど、細部まで表現できますから、2Dのキャラクターでも親近感を持ちやすくなります。

自分の表情とキャラクターをリンクさせるソフトも、安価で手に入ります。

顔の表情だけでなく、全身をモーションキャプチャーできるソフトなども販売されています。

3Dにあるとお値段が高くなりますが、2Dだと手が届く範囲で購入できます。

企業でも利用しやすいVTuber

個人のVTuberはたくさんいますが、企業や公共の団体から生まれたVTuberも多くいます。

最近では、個人で活動しているVTuberと企業がコラボするケースも増えてきました。

バーチャルなキャラクターですから、企業側で宣伝などに利用しやすく使い勝手が良いというのが人気の秘密です。

企業生まれのVTuberなら、個人よりもはるかに良いソフトや機材を導入しています。

細かな設定やより人間に近い自然な動きができますから、商品やサービス、動画などに合わせたクオリティの高いVTuberへ変化させられます。

季節ごとに衣装を変えたりなど、変更しやすいというメリットもあります。

YouTubeだけでない活躍の場

すでにVTuberは1万人を超えているとも言われていて、どんどん人気は高まるばかりです。

YouTube上で活躍していたVTuberも、YouTubeを飛び出して活躍の場を外へと広げています。

先ほども例にあげましたが、企業が宣伝などにVTuberを使い始めていますし、企業のイベントなどにもVTuberが登場しています。

VTuberのCMがテレビで流れたりしていますし、テレビ局生まれでアナウンサーというVTuberもいます。

スマホのアプリにも利用され始めていますし、様々な場でVTuberのニーズが高まっています。

人気VTuberになるとオリジナルグッズなども販売されていますし、最近ではVTuberだけのイベントも開かれています。

このように、VTuberは様々な可能性に満ち溢れていますから、アイデア次第では色んな活躍の場を与えてもらえます。

VTuberのデメリット

無限の可能性に満ちているVTuberですが、やはりデメリットもあります。

人間ではなくキャラクターですから、設定からかなり離れてしまうような使い方はしにくいです。

ネットやソフトなどIT技術ありきになりますから、そのような環境がない場所では活動することができません。

例えば、テレビのバラエティ番組などにVTuberが出演するとなると、テレビ局側がソフトや技術を導入しなくてはならなくなります。

また、定期的に技術やソフトは進化しますから、VTuberに進化しながらそれに合わせていかなくてはならず、維持するコストも高くつきます。

まとめ

VTuberの人気は過熱していますから、デメリットはあるものの今後も様々な方面で脚光を浴びていくと予想されます。

そんなVTuberから楽しさや元気をもらっている人も多いです。

テレビでVTuberを当たり前に見る時代も近づいて来ていますから、お気に入りVTuberを見つけておくのもおすすめです。