近頃話題のVTuberってどういうもの?手軽になれる方法ってある?

特にネット社会になってから、新しい言葉や単語が続々と生まれるので、若い人でもついていけないと悲鳴を上げることもあります。

ネット上では色々な新語が生まれていますが、近頃話題のVTuberを知っていますか。

あれってどういう物で、自分でも簡単にできるものなのか、考えてみましょう。

そもそもVTuberってなんなの

YouTuberって言葉は何とか知っていたけど、VTuberって言葉は知らない、と言う人もまだ多いでしょうね。

YouTuberにVがくっついているのですが、このVはバーチャルの意味です。

バーチャルと言えばバーチャルリアリティ、つまり仮想現実の意味があります。

現実であるようにも思えるけど、それは完全な現実ではないという意味でも使われるのですね。

YouTuberにこのVがついているのですから、つまりは元々画面の中にいる発信者にもう1つベールが被せられたと見ていいでしょう。

ベールと言うよりも、アバターなど使って逆に自分をアピールしている人もいます。

普通のYouTuberの場合、顔は出さなくても声はそのままで実況したりしていますが、声だけでは表現が足らないアピールできない場合、このアバターは便利です。

仮想のものですが、声だけでの実況よりもずっと伝わりやすいのですね。

特に、できれば自分がYouTuberであることは秘密に、と思っている人にはお役立ちです。

声にもボイスチェンジャーで変えられますから、男性の実況者が女性キャラクターを使って実況することも可能なのです。

VTuberって要はキャラを使って実況するってこと

実はまだまだVTuberに関する定義というものは確立していないのです。

この人はこうだから、VTuberではない、と決めつけることも出来ないのですね。

とりあえずは、2Dもしくは3Dのアバターを使用してYouTubeで情報発信や実況する人と認識されています。

アバターに関しても、アニメキャラのような画像を使う場合もありますし、ゲームの3Dキャラのような物を使うこともあります。

このあたりはその使用者の裁量に任せられているのですね。

もちろんこれ自分で自作でとなると、膨大な時間とお金がかかります。

もちろんそれに関する知識にしても、かなり専門的なものが必要になってきます。

サクッとなれるのかどうかと言うと、オリジナルでという場合には中々そうは行かない、と答えるしかありません。

ただこうした風潮で実況などが動画サイトで行われるようになったのを敏感に察して、こうしたアバター制作やVTuber用のツールを作って販売する人も登場しました。

流石にオリジナルは大変なのでツールを使う

さて自分もVTuberにと思っても、あまり専門的な技術も知識もない場合、VTuber制作ツールの使用がおすすめです。

VTuberになるためのツールもしくはソフトと思ってください。

特に初心者の場合、使用することにかなりのメリットがあります。

労力の節約に

素人がVTuberになろうと思っても、制作をどうしたらいいのかとか、どうやって作ったらいいのかとか、まるでわかりませんね。

大体使用するアバターのデザインや制作にしても、漫画やアニメの勉強をしている人とか、イラストをやっている人でないと描くことすら出来ません。

そこから勉強となったら、とてつもない時間がかかります。

単なる趣味で出来る範疇を超えてしまうのですね。

すでにある程度YouTuberとして実績を重ねている人なら、実況しつつ勉強もできますが、そうでない場合これはかなり困難な道になります。

労力節約のためにも、制作ツールで作ってみるのがおすすめです。

費用も半端ではなく必要

自分でできなくても描けなくても、外注すればいいじゃないかと思うかもしれません。

でもこの外注、プロに頼めばそれなりのコストが必要になってきます。

2Dであっても十万単位でお金がかかりますし、3Dになったらもっと必要になります。

ツールを使う場合、他の人とかぶることももちろんありますが、動かし方や表情など工夫すれば、それなりに個性も出てくるものです。

最初は既製品から、それなりに知識と予算が見込めるようになったらオリジナル、と割り切ってしまいましょう。

キャラクターのカスタマイズの出来るツールがおすすめ

制作用のツールには、いくつかの機能がついています。

1つのツールに全部の機能がついているとは限りませんし、とにかく必要な機能のついているツールを選ぶのがおすすめです。

特にキャラクターのカスタマイズの出来る機能は、これついていてくれると助かりますので、是非利用したいですね。

顔や髪型、体型や慎重もですが、アクセサリーも変更できる機能がついているツールもあります。

上手くカスタマイズできれば、自分だけのアバターも作れます。

このカスタマイズ機能も、ツールによってどの程度可能かの差がありますので、購入時にそこもチェックして下さい。

まとめ

普通のYouTuberになるのにも、結構技術や手間がかかります。

それがVTuberとなると、それ以上にお金も時間もかかってきます。

それでもそこを押してVTuberにと思った場合最初は専用ツールを使っての制作をおすすめしたいです。

時間もお金もある程度の節約ができますよ。