今話題のVTuberになれるスマホおすすめアプリ5選を紹介

数年前から爆発的人気を誇るVTuberですが、実際始めたいと思っても何をどうすればいいのかわからない方が多いはずです。

YouTubeとは違い、バーチャルなモデルを作るのが難しそうですし、機材もないかたもいると思いますが、スマホで簡単にできるおすすめアプリを紹介していきます。

VTuberになれるおすすめスマホアプリ5選

REALITY

これは株式会社WFLEが提供されているVTuberライブ視聴かできたり、配信用アプリになります。

アプリーダウンロードしたらアカウントを作りアバターを作っていきますが、画面下のアイコンで髪型や目、服装などを含め5種類のシンプルな構成になります。

他のアプリに比べるとカスタマイズの幅は広くないですが、初めてVTuberとして3Dアバターを作ったり可愛いデザインに仕上げることができるのでおすすめです。

3Dアバターと聞けばパソコンやモデリングソフトなどそれぞれ知識が必要になり、やや敷居か高いイメージがありますが、スマホさえあればアバターの作成から配信まで場所を問わずに始めることができます。

目だけでなく髪の毛や服など自由にカスタマイズしながらアバターを作っています。

配信は外部配信サイトを使わずアプリ上でしてくれます。

カスタムキャスト

カスタムキャストは株式会社ドワンゴとS-courtが提供しているそうで、3Dアバターの作成とニコ生の配信ができるようにアプリになります。

顔やボディパーツ、衣装やアクセサリーなも豊富なパーツを利用できますし、好きなアバターを作成することができますし、配信中の設定したポーズや表情をフリック操作することもできます。

また最大の利点としてスマホで直感的にキャラクターの制作ができるので、パーツを選んで組み合わせる機能に加えて、指でパーツを回転させながら移動して合わせる事ができます。

髪の毛にアクセサリーなどくっつけることもできるので、そこは便利な機能です。

またiPhoneX以上の場合に関しては簡易的ではありますが、フェイストラッキングとARに対応しています。

そうでなくてもiPhoneシリーズとAndroidで簡単な顔の向きを変えたりリップシンクを使うことができますし、配信中に表情だけだなくポーズを変えることがでかさるので、顔の距離から立ち位置までを指1本で操作するため、初心者でも簡単に動かす事ができるので、おすすめです。

去年から男性キャラクターを作れるようになり、カスタマイズ機能やデコレーションなどの機能が増えた他、アニメとのコラボやイベントもしています。

SHOWROOM V

ライブ配信サービスのSHOWROOMがが運営し、提供している配信アプリで、お気に入りのアバターを選択して配信ボタンを押せばSHOWROOMと連動して簡単に配信できます。

初めは10体のアバターしか選べなかったそうですが、3Dキャラクターのモデルデータを投稿できるVRoid Hubと連携させることで、使うアバターが増えたました。

選べるアバターは全10種類で、美少女アバターや男性だけでなくお笑い芸人のアバターまであります。

ユーザーの顔の動きや向きだけに加えて口や目の開閉もしっかり反映されます。

クオリティーの高いVTuberになれるのでおすすめです。

エモモ (ミラティブ)

ライブ配信のプラットフォームミラティブで3Dアバターを作ったり配信もできるエモモ。

色んなパーツを組み合わせてアバターを作ることが出来る他、ゲームの配信もできます。

エモモでカラオケ配信ができる新機能か去年から搭載されており、実際のカラオケムールのように歌詞がなぞられて、マイクをもったアバターが曲に合わせてリズムを刻んで踊るります。

女の子だけでなく男の子の設定もできるので、性別だけでなく見た目に関しても配信中に変更することができます。

エモモはカメラ機能を使わないので、アバターは音声のリップシンクとフリック操作だけで動きます。

上下で楽しい、悲しいなど表情を変化できますし、左右のフリックでは手をふったり喜んだり色んなリアクションができます。

ゲーム画面に映っている実況に関してはスマホをもっているポーズに切り替わります

パペ文字

パペ文字は株式会社ViRDが提供しており、iPhoneX以降のスマホに対応しており動画の撮影だけでなくライブ配信もできるアプリになります。

AR技術を使っており、自分の姿を上書きするような形でキャラを置いたり撮影することもできます。

顔や声、背景の変更もでき、キャラクターになりきらなくてもマスクのように顔だけ隠すことができるので、アイディア次第で色んな使い方ができておすすめです。

背景に関しては元々用意されているものがありますが、360℃画像やiPhoneに初めから入っている背景も使うことができます。

まとめ

特別な機材を用意しなくても初心者でもすぐにできるスマホアプリを紹介しました。

普段からスマホは持ち歩くものですし、パソコンの使い方がわからなくてもスマホは簡単に操作できますし、思い通りのアバターを作ることもできます。

VTuberが気になる方はぜひスマホアプリをダウンロードしてみてください。